「予約が取れない」ということなく通える方法

サービス, 予約に関して, コラム

 ミュゼプラチナムでは気軽に店舗変更が出来ることが最大の特徴で、中々予約が取れないというトラブルもないです。
 日本国内であればどこでも店舗移動できる一方で、店舗ごとに営業時間が異なっており海外はサービス利用対象外となっています。

ミュゼプラチナムの賢い通い方は、店舗変更をすること!

  1. 都心を中心に多くのお店を展開している
  2. お店によって営業時間が異なることが注意点
  3. 予約のキャンセルも気軽に行える
  4. 他の都道府県へ引っ越しをした場合でも安心

都心を中心に多くのお店を展開している

 女性向けの人気脱毛サロンとして開業しているミュゼプラチナムでは、利用者を対象にいつでも店舗変更が出来ると口コミで話題になっています。
 私も利用時に積極的に活用しており、仕事がある日と休みの日で違う店舗を使い分けていました。
 コース契約時は池袋東口店を利用して、しばらくは仕事帰りを中心に活用していました。ですが休日にお店を利用することも多かったので、休みの日には自宅近くの吉祥寺店へ予約を取りました。
 サービス利用時に手数料などは発生しないので、利用者のペースや都合に合わせて使い分けることも可能です。
 営業時間内に仕事が終わらない私にとっては、予約が取れないというトラブルも感じなかったです。
 予約方法も簡単で、Webから手続きを進めていきます。有効活用出来る便利なシステムなので、契約者は積極的に活用すべきサービス内容でもあります。

お店によって営業時間が異なることが注意点

 私はミュゼプラチナムで脱毛コースを利用していた時に、積極的に店舗変更というサービスを活用していました。
 利用において手数料なども発生しませんが、注意点として各店舗で営業時間が若干異なっています。
 私が最初に利用していた池袋東口店では、営業時間が午前11時から21時までです。しかし途中から利用した吉祥寺店では、営業時間が午前10時から20時までとなっています。定休日は設けていませんが、このように営業時間が店舗によって若干異なっています。
 また各店舗利用時において、基本的に駐車場は設置されていないことが多いです。
 ですがその店舗も最寄駅近くで営業しているため、移動において車を使用する機会はあまりないです。これがサービス利用時における注意点となっており、各店舗によって営業時間が若干異なっていることがあります。

予約のキャンセルも気軽に行える

 店舗変更という制度が人気のミュゼプラチナムですが、予約変更やキャンセルする時にも同じ手順となっています。
 電話もしくはネットから手続きをする形となり、いずれかの方法で各店舗へキャンセルを行います
。事前に予約変更やキャンセルをすれば、手数料が発生しないのでおすすめです。逆に無断キャンセルをしてしまうと、お店独自のペナルティーが発生するので注意が必要です。
 また予約変更やキャンセルした後でも、すぐに次の日程調整が出来ることも魅力の一つです。もちろん手数料や予約料金も発生しないので、私もキャンセルした時に無料で新しく申し込みしました。
 特にネット予約という形であれば、24時間対応しているので営業時間外でも簡単に手続きを進められます。仕事の関係上電話出来ないことも多かったので、ネットからの申し込みや手続きを積極的に活用していました。

他の都道府県へ引っ越しをした場合でも安心

 気軽に店舗変更や移動が出来ることが魅力のミュゼプラチナムですが、他の都道府県へ引っ越しをした時にも同じ要領でサービス利用が可能です。
 仕事の関係で、数ヶ月ほど東京都から京都府へ出張に行くことがありました。
 その旨をお店に伝えたところ、京都府に同じ店舗があると聞きました。そこで出張前に手続きを済ませたので、京都府にいた時でも同じように脱毛コースの利用が出来ました。
 データの引き継ぎはコンピューターで管理しているため、他の都道府県利用時においても問題ないです。
 もちろん手数料は発生しないため、日本国内の引っ越しや出張などであれば対応可能です。
 なお日本国内に店舗を展開している一方で、海外には出店していないことが注意点となります。なので海外へ引越しおよび長期出張をする場合には、一時的にサービス利用を中断する必要があります。